効率的に製品の表面処理ができる方法がこれ!

簡単に表面処理ができる酸洗いとは

酸洗いとは金属を酸性の液体に浸すことで化学反応を応用してバリや表面の粗さをよくする工法です。ほかにも防錆効果や寸法調整の仕上げとしても利用されます。設備も簡単で酸性の液体の容器とそれを洗浄する設備のみです。何度も液体を使うことができますのでランニングコストが安いですし、大量の製品を酸洗いすることができますので量産に最適です。主には精密部品に使われて、バリによる回転物のかみこみによる故障防止や人の手で組み付けるときの切創防止など安全確保に寄与します。

酸洗いの注意点について

酸性の液体を使いますので、人体に影響があります。安全を確保するために、保護具を着用して皮膚や目や口などを守る必要があります。また異臭が発生ないように排気環境も整備することが重要です。環境面では河川や海に流出しないように産業廃棄物として適切に処理をすることと、万が一漏れたとしても流出を防ぐ対策をすることが重要です。受け皿のようなパンを設けたり、清掃用品を近くに完備したりマニュアルを整備することがポイントです。また、品質の立上げにおいては、どんな大きなバリや粗さも改善できるわけではないので、大きさをある程度コントロールして、酸洗いの条件設定を研究することが必要になります。具体的には前工程の規定されたバリの大きさや粗さの数値を管理することが必要になります。材質や前工程の品質に応じた酸性の液体の種類の選定とつけ置きする時間を見極めることが研究のポイントです。

酸洗いは、金属製品の汚れやサビを効率的に除去出来ますが、使用する酸性の薬剤は有害な蒸気を発生させるので作業中の換気が不可欠です。また、皮膚に触れると火傷や肌荒れが生じるので保護具を使う必要があります。