製図はCADと手書きとどちらで描くのが良いか

CADとはどんな物なのか

CADはパソコン上で設計や製図を行うことができるソフトです。大きく分けて2種類のソフトがあり、一つは2次元CADといいその名の通り平面図など上からや横からなどある1つの側から見た図を描くことに適しています。もう一つは3次元CADで立体的に図面を描くことができます。建築、機械、電気など様々な分野で利用されています。

CADを使うとどう便利なのか

製図を手書きで描く場合、手間と時間がかかります。CADを使うようになり今まで大変だった製図の作業が楽にできるようになりました。図面の線は均一の太さで書かなければいけなかったのがCADでは簡単に描けますし、ミスをした時の修正もクリック一つでできます。CADで描いた図面はデータで簡単に保存できるので修正前後の図面の保存やコピー、図面の受け渡しなどもウェブ上ででき大変便利です。

手書きで製図を書く経験も必要

手書きで製図を描くメリットもあります。設計するということは、自分の頭の中にあるイメージや構想を図面に起こす作業です。手書きの場合自分の手で線を引き長さも定規で計りながら書くことになるので実際の大きさをつかむ感覚を得ることができます。図面を見た場合大きさが感覚で分かるということはCAD上での作業でも大変役に立ちます。どのくらい細かく図面を描くかは人によって違ってきます。同じCADソフトで描く場合でも人によって違います。手書きで図面を書いたことのある人とない人では図面の分かりやすさに大きな違いがでてくるのです。

電気工事の配線図などをパソコンを使って設計することにより、人手で行っていた時に比べてはるかに時間短縮になり、ミスの少ない作業が出来るのが電気CADの特徴です。