衛星放送用のアンテナを選ぶ場合は発売年やスペックに注意!

古いアンテナだと見づらいチャンネルがあるかも

衛星放送用のアンテナは発売された年代やスペック、大きさなどで受信できるチャンネルが違ってくることがあるので注意が必要です。

もし、受信したいのがBS放送だけであれば、発売された年に関係なく、BS用のアンテナを購入して設置工事を行えば、すんなりと見られる可能性が高いです。ただ、100パーセント見られるというわけではありません。というのは、BS放送の新チャンネルが作られたためです。新チャンネルは信号の周波数が高いため、古いBSアンテナだと受信しにくい可能性があります。なので、BS放送だけを見たいという場合でも、できるだけ新しいBSアンテナを買って設置を行うようにしましょう。新しいものであれば新チャンネルに完全対応しています。

BSとCSの共用アンテナと単独アンテナの違い

では、BS放送も110度のCS放送も見たいという場合は、どういったアンテナを選べばいいのでしょうか。まず、これ一つだけ買えばいいというのは、BSとCSの共用アンテナです。BSと110度CSの電波は少しずれているため、角度の合わせ方が難しいですが、うまく設置できれば一つで間に合います。

アンテナを設置できる場所が複数ある場合は、BS用とCS用のアンテナを分けて設置してもいいでしょう。この場合のメリットは、共用アンテナと比べて、強風などでアンテナが少しずれたとき、すぐに見られなくなるというトラブルを少なくできることです。

また、共用アンテナだと壊れてしまうとBSもCSも見られなくなる可能性がありますが、アンテナを分けていればどちらかが壊れても、どちらかの放送は見ることができます。

ネットを通したい、テレビ映りが良くないなどの悩みがある場合はアンテナ工事を利用します。電気工事が必要な作業なので専門家に見てもらう必要があります。